本気で月200万円の収入を目指す全ての人に捧げる本気の副業ガイド

年間31万人が受講「お金の教養講座」無料開催中!
詳細はコチラ

今までお伝えしたFX、株式、不動産、海外不動産以外にも様々な投資が存在します。ここではその投資法をお伝えしていきます。
まずはしっかりと理解したうえでチャレンジしてみてください。
注目されている、「日経225」「バイナリーオプション」「CFD」をご紹介します。

日経225

スポンサーリンク

 

日経225について

 

日経225とは、日本を代表する225の企業の株価を平均して算出した、株価指数のことを言います。
よく経済ニュースなどで、「日経平均株価」と呼ばれる物ですね。
株価指数は、他にも「TOPIX」や「マザーズ指数」など、様々なものがあります。

 

日経225先物とは、この日経平均株価指数を取引の対象とします。
商品ではなく、株価指数なので、そのものを取引することは、もちろん出来ません。
日経225という株価指数を、株式取引の感覚で売買できるのが、日経225先物なのです。

 

日経225先物には、株券という存在がないため、すべて差金決済になります。
差金決済とは、約定価格と取引最終日の清算価格との差額を、現金で決済する契約の事です。
つまり、自分の口座の金額が、損益に応じて増減するということです。
先物取引は、基本的に全て差金決済となります。

 

日経225のメリット
高いレバレッジ効果
日経225先物(mini)・オプション取引は、現物株式の取引と異なりレバレッジ効果があります。レバレッジ効果とは「てこの原理」のことで、少ない資金(証拠金)で多額の取引ができることにより、効率よく運用ができます。

 

例えば、通常の株式投資では100万円の株を買うには資金が100万円必要ですが、日経225miniなら約10万円の証拠金を預ければ100万円分の取引ができるので、10万円で100万円投資したのと同じだけ利益を生み出す効果があります。

 

ただし、予想がはずれて思わぬ大きな損失を被るリスクも同時に存在することを考慮する必要があります。

 

個別銘柄を選ばなくてよい
4000銘柄もある個別株式から、コレ!といえる銘柄を選ぶのは大変です。しかし日経225先物なら、銘柄ごとの株価や業績をいちいちチェックする必要はありません。

 

日経225先物や日経225miniの対象となる日経平均株価に影響を与えるのはマクロ的な経済指標(GDP・機械受注・雇用統計など)です。日本経済や世界経済の大きな流れをつかむことが重要。そのためテクニカル分析が生かせます。

 

イブニング・セッションがある
サラリーマンなど昼間は忙しくてトレードができない、という人もイブニングセッション(後場の立会時間後の夕場取引)で取引ができます。

 

日経225のデメリット
損失リスク
証拠金証券会社に預けて、その何倍もの取引を行いますから、大きな利益が得られるということは、紙一重で大きな損失もありえるということなりますから、これがデメリットとなります。
そして日経225の値段というのは、日経平均株価の動きによって動きますから、相場が変われば、投資元本を割ってしまったりすることもあるわけです。
日経225では必ずしも利益が保証されるというものではないということもデメリットになります。
そして日経225ではメリットでもある取引金額は1000倍まで可能でありますが、証拠金の何十倍もの取引金額になってしまいます。
もしも相場の予想が外れてしまえば、それだけかなりの損失が出来ますから証拠金以上に損失が沢山出てしまうということもありえますので注意が必要です。

 

【厳選】伝説の情報商材

 

シークレットサイン投資法

 

 

 

 

 

インフォプレナー名:北川賢一
販売価格:39,800 円

 

 

「1日20分だけ働いて月収200万円の主婦の存在」。これが本教材のきっかけになりました。
朝の8時40分〜9時までの間だけトレードで過去11年でマイナスの年はわずか1年だけ。ある裏技的な手法で日経225をトレードしていきます。
これにより、かなり高い確率で株価の上下が見えてしまうという話題の教材です。
詳細はこちら

バイナリーオプション

バイナリーオプションについて

 

設定された条件をクリアするか、それともクリアしないかを二者択一で予想する金融商品のことです。
価格が上がるか下がるかを予想するだけですので、初めて投資にチャレンジする方でも簡単にご利用いただけるでしょう。

 

例えば、FXでバイナリーオプションを利用する場合、設定された条件がドル円で80円50銭だったとしたら、その日の終値が80円50銭より高いか安いかを予想するだけです。

 

ちなみに、バイナリーオプションはFXだけでなく、日経225株価指数や金相場など幅広い投資でご利用いただけます。
ただし、証券会社によってはバイナリーオプションが利用できない取引もありますので、口座を開設する前には確認しておきましょう。

 

バイナリーオプションのメリット
シンプルな取引
バイナリーオプション取引はある一定の取引条件を達成するかしないかの2択で予想するだけの簡単な取引です。名前はなんだか難しそうなですが、一度取引してみればどういったものかすぐ理解できると思います。

 

少額取引でもハイリターン
少額での取引でも十分な利益を狙えるます。その一方でハイリスクでもあることには注意する必要がありますが、資金効率のかなり良い取引と言えます。

 

リスクが限定的
最大のメリットと言えるかも知れません。バイナリーオプション取引では取引スタート時に利益と損失の最大額が決定します。相場がどんなに乱高下しても損失額は限定的です。証拠金の額=最大損失額となります。

 

バイナリーオプションのデメリット
オールオアナッシングである
通常の取引のように少ない損失で損切りではなく負けた場合は掛け金すべてを失います。

 

50パーセントでは勝てない
単純に考えると二択なので取引の回数が増えると限りなく50パーセントに近づきますがペイアウトが100パーセントでない限り利益は出ません。
もしペイアウトが80%としたらおおよそ勝率56パーセントが損益分岐点になります。

 

【厳選】伝説の情報商材

 

ミリオンバイナリ

 

 

 

 

 

インフォプレナー名:山根亜希子
販売価格:29,800円

 

 

FXのカリスマ投資家として知られる山根亜希子さんのシグナル配信ソフト。バイナリーオプションで最も評価の高い教材です。
山根さんは著書も多く出されているのでご存知の方も少なくないでしょう。わずか3000円の元手を1年で1000万円、3年で4000万円にした投資ロジックが公開されています。
詳細はこちら

CFD

スポンサーリンク

 

CFDについて

 

CFDとは、差金決済取引(Contract for Difference)の意味。

 

投資商品の一つです。
証拠金(保証金)を業者に預託し、原資産となる国内外の株価や金価格など、 金融商品の価格や指数を参照して差金決済による通貨の売買を行なう取引のことをいいます。

 

証拠金を預け、レバレッジをかけて取引を行うことから、外国為替証拠金取引(FX)も差金決済取引の一つ。ただし、一般には、外国為替をFX、それ以外の株式や株価指数等はCFDと呼びます。

 

CFDのメリット
24時間取引できて、いつでも決済可能
CFD取引では世界中の市場で取引することができます。日本の市場が閉まっている時間帯でも、海外の市場は開いており、24時間常にどこかの市場で取引が行われています。
つまり、CFDなら24時間取引することができるということです。昼間仕事を持つ方なら、夜帰宅後にゆっくり取引を行ったりと、どんな生活パターンの人でも取引に参加することができ、チャンスを逃さず利益を上げることが可能です。

 

コストが安い
CFD取引にかかるコストは、株取引などに比べるとかなり安くなっています。最近では手数料0円の証券会社も増えてきました。
今後CFDがメジャーになっていくにつれ、他の証券会社も追随していくものと思われます。また、銘柄によって設定されている証拠金率も、国内海外とも1割程度からと割安ですので、少ない資金から気軽に取引を始めることができます。
1つの口座で色々な取引ができる
CFD取引の最大の特徴は、投資対象が多岐に渡っているということです。株や外国為替、金や石油にいたるまで、すべての取引を1つの口座で行い、管理することができます。
ですから、株を売って得た利益をFXに活用したりと、リスクを分散させた運用ができますし、1つの口座ですから資金を移す手間もありません。
運用状況も一目で把握できますから、資金計画を立てやすく、時間のない方には特に嬉しいメリットとなります。

 

CFDのデメリット
海外マーケットの情報量が乏しい
世界中のあらゆるものが投資対象となっているCFDは、グローバル企業の個別株や海外の株価指数、商品(コモディティ)などを手ごろな資金で取引できるメリットがあるものの、入手できる情報に限りがあるというのはデメリットです。
英語が分かる方なら海外の知人を通したり、インターネットや海外メディア番組を通して向こうの情報をある程度は入手できるでしょうが、これが出来ない方にとっては僅かな情報とテクニカル的なシグナルを主な頼りとして取引せざるを得ません。このため、テクニカル分析が活用できない方には多少の困難を要するかもしれません。

 

リスク管理が甘いと痛い目に
証拠金取引であるCFDは、レバレッジを活用した取引が可能です。これは、僅かな資金であっても取引を始められるというメリットを持ち、高レバレッジを活用することで口座内の証拠金が短期間で倍増することも珍しくありません。
このため、中にはギャンブルに近い感覚でCFD取引をする方もいます。しかし、短期間で大きな利益を上げられるということは、短期間で多額の財産を失う恐れもあるということでもあります。つまり、レバレッジは投資家にとってメリットになる一方、使い方を誤ればデメリットにもなりうるのです。
上手に使うためには、新規注文と同時に損切りの設定も忘れずに入れることです。リスク管理を徹底できない方は、CFDは不向きな投資商品であると言っても過言ではありません。

 

銘柄が多すぎる
取引できる銘柄が多いというのはCFDのメリットでもあるのですが、デメリットでもあります。
というのも、株式投資をやらない方達の理由の一つに、『銘柄が多すぎてどれを買っていいのか分からない』というのがあるからです。また、FXが広く浸透した理由の一つとして『売買の検討をする通貨ペアが少なく、株式投資のような煩雑さが無い』という点が上げられます。
つまり、あまりにも銘柄が多いというのは、必ずしもメリットであるとは言えないのです。特に、CFDは国内外の個別株だけで数千銘柄を取扱う業者が多いため、投資の経験が浅い方にとってはこの銘柄の多さは抵抗感を感じるようです。そんな方は国内外の株式CFDよりも、まずは株式指数CFDからはじめることをおすすめします。
株価指数や株価指数先物なら国内外あわせてもFXと同じように数十銘柄しかなく、投資先を絞り込むことも容易です。なかでも情報が比較的入手しやすいNYダウは、CFD初心者におすすめです。

 

【厳選】伝説の情報商材

 

レバレッジ100倍の株投資で勝つ!証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター

 

 

 

 

 

インフォプレナー名:山本伸一
販売価格:19,980円

 

 

どのタイミングで売買するべきか、どうやって利益を獲っていくか、CFD投資で勝つためにもっとも重要なポイントが記されています。
注目銘柄について、5銘柄以上を推奨理由とともに、無料公開したりメールサポートなど特典も充実。50万円の元手を1か月で10倍にした手法が公開されています。
詳細はこちら

 

 

 

 

管理人が実感!オススメ教材

!当サイト特別全員特典!